上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
船瀬俊介さんという方が書いてる著書に、

降圧剤の危険性などが書かれてました。
e0021092_12451840.jpg



降圧剤の最大の副作用は発ガンだと書かれていましたが、

実際はどうなんでしょうか?

最強の発毛剤と言われてる、ミノタブも降圧剤です。

ミノタブを発毛目的で飲んでる人は、

ほぼ毎日飲み続けています。

薬は基本的には毒だと思います。

育毛目的で薬を毎日、服用して癌になったら悲惨ですよね。

命>>>>髪
 
ですからね、当然。

しかし、薬で毛が生えればハゲのストレスが無くなります。

ストレスにも発ガン性があるかもしれませんし、

万病の元。

ストレスは体を冷やしますし、免疫力も低下するでしょうし。


育毛薬にはリスクがある

副作用が少ないと言われてるプロペシアも、

私のように4年以上飲んでれば、それなりに体にガタがくるかもしれません。
(今のところ副作用なし)

これから先、10年、20年と薬を飲み続けば、

体になんらかの影響がでると思う。

それが癌なのか、肝臓の病気なのかはわかりませんが。

そう考えると薬は期間限定で飲むべきなのかもしれませんね。

育毛薬ならせいぜい数年くらいでしょうか。

それならハゲ・薄毛の悩みがより深刻な、若い頃に飲むべきかもしれませんね。

船瀬俊介さんの動画
http://www.youtube.com/watch?v=fPpqMYk5F-M&feature=related
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。