上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AGA治療のパイオニア、城西クリニック

こちらのクリニックは大変、知名度があるクリニックですので、
皆さんもご存知かと思います。

今日はこちらで処方してる薬について書こうと思います。


城西クリニックで処方してる薬は、

フィナステリド
外用ミノキシジル(2%~6%)
内服ミノキシジル

の3種類です。

フィナステリドは商品名、プロペシアとして萬有製薬が発売しており、

2005年12月より全国の医療機関で処方が始まりました。

外用ミノキシジルは商品名リアップ、またはリアップ5として、

大正製薬が発売しています。

内服ミノキシジルは、国内、海外共に、プロペシアやリアップと違いAGA治療薬としては

承認されておりません。降圧剤としてのみ海外で処方されています。


城西クリニックは、この3種の薬でAGA治療を行ってるのですが、

いくつか疑問点があると思います。

1つは、なぜ万有製薬のプロペシアが国内で承認されてるのにも関わらず、

あえて、海外製の粉末フィナステリドを処方してるのか?

2つ目は何故、AGA治療薬として承認されてない、内服ミノキシジルを処方してるのか?

などが疑問に感じる所だと思います。

1つ目の疑問、海外フィナステイドの件ですが、これは恐らくコスト面だと思います。
つまり、国産のプロペシアより、海外からフィナステリド(プロペシアでは無い)を輸入して、
処方する方が利益があるのだと思います。

あとは内容量を調節できるなどの理由もあるのかも知れませんが、

フィナステリドを1日1mg以上に増やしても、効果は変わらず、副作用の出現度のみが
上昇するようなので、フィナステリドの内容量の調節にそこまでメリットがあるようには
思えません。

2つ目の疑問、なぜ副作用が強く、世界的にも安全性に医学的根拠が無いとされてる
内服ミノキシジルを処方してるかだすが、

これはズバリ言って、フィナステリド、外用ミノキシジルだけでは、

ある程度ハゲが進行した人には、満足行く発毛効果がでないからではないでしょうか。

発毛専門を謳ってるクリニックで、満足行く発毛効果が出なければ
クリニックは潰れます。

ですから、AGA治療薬として承認されてない内服ミノキシジルを輸入し、
患者に処方してるのかと思います。

内服ミノキシジルの発毛効果が抜群なのは間違いありません。
内服ミノキで劇的に発毛されて、ブログで効果を記録されてる方も沢山いますから。

しかし、この内服ミノキシジル、良い事ばかりではありません。
プロペシアや外用ミノキシジルとは比較にならない程、副作用が強いと言われてます。

この事について、城西クリニックの院長に尋ねた事がありますが、
院長は「ウチで長年処方してるけど、重度な副作用が出た事は無い」

と仰っておりました。

しかし、これは医師が血液検査等に基づき、正規の薬を個人個人で処方量を調節した場合だと思うので、個人輸入で内服ミノキ(ミノタブ、ロニテン)を飲まれてる方も、安全と言う訳では無いかも知れません。

それに、双田譲治氏の著書
「実録潜入ルポ 育毛物語」
51CV14Q764L__SL500_AA240_.jpg

によると、

城西クリニックのパンフレットには、強大な赤い字で

「お薬は勝手にやめてはいけません」

と書かれてるそうです。

降圧剤は勝手に止めてはだめで、少しづつ量を減らす必要があり、突然の断薬はリバウンドによる
血圧の上昇を招き、人によっては死亡する可能性がある、
と双田氏が著書に書かれております。

突然の断薬が危険な事が事実だとしたら、

個人輸入でミノタブを飲まれてる方のどの程度が、この事を知ってるでしょうか?

余計なお世話かもしれませんが、心配になります。

個人輸入は医師、薬剤師を通さず、ダイレクトに自宅に薬が届くので、
使用法や注意する事などが、利用者に正しく伝わらない可能性があると思います。

もし、内服ミノキシジルを使用しようと思われてる方は、

城西クリニックヘアメディカル系列のクリニックで、専門医に処方される事をお勧めします。

私も今後、内服ミノキ飲む事になったら、絶対に城西クリニックで処方してもらうつもりです。

クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。