私は2006年に、後頭部の髪を薄い部分に移植する自毛植毛をうけました。移植本数は約600本で箇所は左右の生え際と、横の生え際です。


たしか費用は25万円くらいかかりました。

手術前のカウンセリングではまだ植毛は必要ない、と言われましたが明らかに1センチ近くは生え際が後退してなので、植毛手術を決意しました。手術前に既にプロペシアを服用してましたが、プロペシアで生え際の回復が難しいことも知ってたので、生え際回復は手術しかない、と思いました。


手術は600本と少なかったので、ドナー取り、株分け、植え付けまで2時間位だったと思います。



後頭部に打つ麻酔の注射は少し痛かったのですが、それ以外はまったく痛みはなかっただす。




凄い緊張はしましたけど。



術後、植えた部分のカサブタにはビックリしました。当時、坊主だったので前髪で隠すこともできず丸見えです。

あとドナーを採取した後頭部の傷には度肝を抜かれました。採取しやすいようにドナー部分だけ剃ったのもあるんですが、あまりのグロさに絶句しました・・・・。


髪が長いひとは髪でドナー傷が隠れ、目立たないのですが私は坊主でそから丸見え。



予想以上の傷でかなりへこみました。手術したのを後悔しました。



しかし、抜糸して数ヶ月でドナー傷は目立たなくなりました。髪もすこしだけ伸ばしましたし。

今では9ミリ坊主にしても目立ちません。




肝心の手術の効果ですが、満足度は70%~80%でしょうか。1度の植毛では密度などうしても他の部分より低いです。左右で若干つ発毛率が違うような気もしますし。


でも生え際、ヘアラインは確実にさがりました。生え際のコンプレックスも無くなり、精神的にも楽になりました。


移植した後頭部の高い確率で毛は生涯抜けませんから。


高かったし、密度が低いの差し引いても植毛手術をしてよかったです。


いつか二度目の植毛手術を受けるかもしれません。




写真は手術当日のドナー傷です。今、携帯のカメラが壊れてるため、現在の写真がありませんが坊主でも解らないくらいめだちません。



コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック