発毛専門クリニック、城西クリニックではミノキシジルとフィナステリドを中心に

質の高いAGA治療が受けられます。

城西クリニックHP

ハゲ治療の臨床数は間違いなく、国内一だと思います。

その城西クリニックで処方してるフィナステリドは

実は万有製薬(国産)のプロペシアではありません。

城西クリニックで処方されてるフィナステリドは海外製で

輸入した薬を合法的に処方してるようです。

2005年12月に国内で、AGA治療薬のプロペシアが

承認され、全国の医療機関でAGA治療が受けれるようになりました。

ですから、医療機関で処方されるフィナステリドは

万有製薬のプロペシア

というイメージが強いと思います。

何故、城西クリニックが海外製のフィナステリドを処方するのか?


それは、城西クリニックでは国内でプロペシアが認可される前・・・

約10年前から、フィナステリドを合法的に輸入し、AGA患者に処方していたからです。

プロペシアが国内で承認されたからといって

国産には切り替えられなかったのでしょう。

あと考えられる理由は、他の医療機関との差別化ではないでしょうか?

フィナステリドにビタミン剤を調合してる、

という話しも聞いた事があります。

フィナステリドである限り、国産でも海外製でも効果は変わらないと
思いますけどね・・・。

医療機関が輸入してるので、個人輸入などと違い

偽薬の可能性もゼロですし。


まあ、日本国内で1番のハゲ治療を受けれるのは

城西クリニックで間違いないでしょう。

プロペシアに続いて、今年の6月にミノキシジル5%(リアップ5)が承認され

発売されたと同時に、7%ミノキシジルのジェル(!)の処方を開始しました。

新兵器。7%ミノキシジルゲル

常にAGA治療の最先端をいってますよね。


私もミノキシジルの使用を決断した時は

城西クリニックで治療を受けると思います。

応援クリックお願いします。


人気ブログランキングへ






コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック