上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は2007年に植毛手術を受けました。

本数は約600本、M字ハゲ+サイドのヘアラインに植えました。


生え際の発毛が
難しい事は理解していましたので、

比較的早く、植毛手術を受ける事を決断できました。

しかし問題は手術を受けるクリニック選びでした。

各クリニックのサイトを見て回ったのですが、どこも良い事しか書いておらず

どこも同じに見えてしまい、なかなかクリニックを選択する事ができなかったです。

元々疑り深い性格なので、どこもヤブ医者に見えてしまうんですよね(笑)

それで困っていたところ、某ブログに出会いました。

そのブログは植毛前のカウンセリングから、手術、手術後まで

かなり詳細にレポートされていました。

その方はかなり植毛の効果があったみたいで、ブログに画像もアップされてましたので、

この方と同じクリニックで植毛を受ければ大丈夫と思い、

さっそくそのクリニックに電話をして、カウンセリングを受け、手術を受けました。


肝心の植毛の効果は、ブログの方ほど効果はありませんでしたが、

「まあ、ギリギリ満足かな?」

という感じでした。まあ、植毛本数も少ないんですけどね。

左右で発毛効果が、若干の差があったところが残念でした。

しかし、植えつける毛を採取した時にできるドナー傷は、坊主でも殆ど判らないくらい目立ちませんので、医師の腕は良いのでしょう。

体質により個人差とかもあるみたいなんですけど。

何はともあれ、植毛手術によりM字ハゲがある程度、改善したので、

結果的に植毛して正解だったと思っています。

生え際を発毛させるのは、プロペシアやリアップ5では難しいですし、

生え際のハゲは精神的にかなりキツイんで・・・。

生え際がどんどん上がっていき、オデコの面積が広くなっていく惨めさは、

カッパハゲの比じゃありません。

しかも生え際ハゲと並行して、オデコが張り、デコッパチになるので

どんどん不細工になっていきます(笑)

そんな生え際ハゲを根本的に治すのが植毛なので、

生え際ハゲでお悩みの方は、植毛もひとつの選択枠に入れてもいいと思います。

しかし、クリニックは慎重に選びましょう。

なかには高額の手術代なのに、殆ど生えず、さらに人格もおかしな医師もいるようです。

そんなヤブ医者に引っかからない為には、情報収集です。

植毛手術の経験が少ない医師や、片手間で植毛をしてるクリニックは避けた方が良いでしょう。

あとは入念なカウンセリングが大事です。

納得いくまでカウンセリングを受け、質問すると嫌な顔をする医師は避けましょう。


自分の身は自分で守るしかありませんから。


育毛ブログランキングはこちら
クリックお願いします。
人気ブログランキングへ





私は2年前に自毛植毛手術を受けましたが

最近、2度目の手術を受けたくなりました。

1度目の手術で生え際に600本程、植毛したのですが

左右で定着率が違い、若干

左側の生え際が右側より後退しています。

結構、気になってしまいますね・・・。

これは左側のオデコが張ってるのも原因なのかもしれませんが

1回の植毛では十分な密度は得られないかもしれませんね。

でも、私は軽度のM字だったので、植毛を受けて正解だったと

思っています。



もし2度目の植毛手術を受けるなら、今度はつむじ付近、

前頭部にも植えたいと思っています。

でも、生え際と違い、ある程度

毛が残ってるので植毛は難しいと思われます。

ショックロスとかもありますからね・・・。

それと、ドナー傷も心配です。

前回は600本と少数だったため、ドナー傷は

小さくてすみましたが、2度目の手術となると

かなり大きな傷ができるかもしれません。

そうなると坊主にできなくなりますからね。

今後、ハゲが進行した時の事を考えると、坊主にできなくなるのは痛いです。

やはり、薄毛の人に一番合う髪型は坊主です。

これは間違いありません。

現在のドナー傷は9ミリ坊主にしても、まったく目立ちません。



まあ、難しい選択ですね。


育毛ブログランキングはこちら↓
クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
自毛植毛手術にはデメリットもあります。

植毛手術を受けれる医療機関はたくさんありますが、植毛は手術をする医師の腕により
効果が全然違うようです。

植毛手術はやり直しがききません。

失敗すると、手術前より無残な頭になったり

酷いドナー傷を付けられたりすることもあるようです。

実際、患者と植毛医のトラブルは結構あるようなので

植毛する医療機関は慎重に選びましょう。

美容外科医が片手間でやってるようなところは

避けた方が無難でしょう。


植毛手術は男性ホルモンの受けにくい後頭部の毛を

ハゲてる部分に移植する手術なので、後頭部に傷(ドナー跡)が

できてしまいます。

私は約600本と少ない植毛だったので、ドナー跡は坊主でも目立ちませんが

数千本と、植毛する本数が多い人は、ドナー後がどうしても大きくなり

目立ってしまいます。

私に植毛手術をした医師は

「基本的に植毛したら坊主にはできない」

と言っておられました。

坊主にできないと言うのは、坊主にしたらドナー跡が目立つ

という事だと思います。

医師は、植毛したのに坊主にしてどうする?

とも言ってました(笑)

でも、坊主でもM字ハゲ坊主と、Mが埋まった坊主では

全然違います(笑)


植毛する本数が多くて、将来坊主にしたい方は、植毛をもう少し検討した方が

良いのかもしれませんね。



植毛手術後は移植部分にカサブタができます。

このカサブタが結構グロテスクで、人前にでるのは勇気が入りますが

カサブタを隠せるだけの髪の毛があれば、問題ないかもしれません。

術後数日から1週間は有給などを使った方が無難ですね。

植毛した部分が1週間くらい腫れる事もあるので。


あと、植毛のデメリットで離れ小島(将来、植毛した毛だけが残り他の毛が抜けてハゲる)を

上げる人がいますが、これはデメリットにはならないと思います。

基本、植毛はプロペシアとセットだと思いますし

例え離れ小島になっても、無いよりはマシでしょう。



料金ですが、植毛料金は高いです。

それに、植毛の料金は医療機関により差があります。

本数にもよりますが、数十万~百万くらいの差がある場合もあります。

でも、植毛する病院を決まる時は、値段だけでは判断しない方がいいと思います。


これから植毛を考えてる人は、ネットや本、口コミなどで情報を収集してください。

応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村

私は2007年に自毛植毛手術を受けました。

植毛箇所は生え際で、植毛本数は約600本、手術費用は25万円位だったと思います。

植毛のメリットは、男性ホルモンの影響を受けにくい

後頭部の毛を移植するので、抜けても生涯に渡り

生えてくる可能性が高いことでしょう。

それに効果があっても使い続けないといけない、プロペシア、リアップ5などの薬物療法と違い

手術後は費用が一切掛かりません。

かつらと違い、メンテナンスも必要ありません。

植毛は特にM字ハゲなど、生え際のハゲには大変有効で

効果を実感しやすいと思います。

なんたって生え際が確実に前進しますからね。

生え際が後退してくのって、精神的につらいんですよね・・・・。

生え際のハゲはプロペシア、リアップ5でも

発毛効果を得るのは難しいと言われてるので

植毛が最良の方法だと思います。


ミノタブ(リアップの内服版)という裏技もありますが、薬物療法は使い続けないと

効果を持続できません。

ミノタブのような副作用が強い、国内未認可薬を飲み続けるのは

リスクが高いようにも思います。


写真は植毛手術当日のドナー跡です。手術前にドナーの周りの毛を剃るため、凄い傷跡に見えますが、いまでは坊主でも判らないくらい目立たなくなりました。


植毛手術を受けてから2年が経過しました。定着した毛は生え続けてます。
密度、左右の定着率の差など、100%満足はしてませんが、1度の手術ではこんなものなのでしょう。
ドナー傷は坊主でも目立たないくらいだし、価格を考えれば十分成功だったと言えると思います。
このまま定着してくれればね・・・。

2回目の植毛手術を受けたいのですが、私は全体的に微妙に薄いので、植える毛よりも、ショックロス(植えた部分の周辺の毛が抜ける)の方が大きい可能性があるので、なかなか2度目の手術には踏み出せません。
でもいずれ受けるとおもいます、2回目の植毛手術。

ハゲだけは嫌です。

クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。